発表会 無事終了!

事後処理に追われ、昼夜構わず襲ってくる謎の睡魔と闘い…

ご挨拶がすっかり遅くなってしまいました。

頂くばかりで申し訳ございません。


「皆さま 発表会お疲れ様でした。そしてありがとうございました!」


この場をお借りして全ての関係者の皆さまに御礼申し上げます。



総稽古無し、通し稽古無し、前日の舞台稽古無し、ゲネプロ無し、外部スタッフ無し〜

のなしなし尽くし。


それでも、昼の部から夕方の部のフィナーレまで失敗もなく、列も綺麗に揃っていたのは、生徒さんの集中力と対応力、練習の賜物です。


スタジオに貼って練習した物と同じ色の、見慣れた付箋を舞台にも。


小さな子供達もみんな、ちゃんとその印に自分の立ち位置を取る事ができました。

偉かった!!



お姉さん達には多くの舞台経験が活きました。

幼少から一緒に作品を作ってきた仲間同士、普段はべたべたしていませんが、こういう時の団結力はさすが。

「阿吽の呼吸」

で、難しい場所取りやフォーメーションをこなしていきます。


テクニカルな面では、去年からの自粛やレッスン不足で心身の調整には本当に苦労しましたね。


多くの方が「濃いリハーサル期間でした!」と言ってくれましたが、本当にその通り。

全員が挑戦し、成長出来た4ヶ月でした。

今更ながら、やはり発表会は当日だけの出来事でも、思い出作りでも無いですね。


何年か経って振り返った時、

「マスクをして舞台に立った発表会があったな…」と、

思い出すその時が、どなたにとっても健やかであってほしいものです。


いよいよ6月からは新クラスでのレッスンが始まります。

新しい事にどんどん挑戦していきましょう。


引き続き、よろしくお願い致します。


さて、写真の富士山は一則先生の故郷、山梨県からの眺めです。


なぜ、日本人は富士山を見ると、写真を撮りたくなるのか?


バレエ人が横棒を見ると、なぜかどこでも脚を乗せたくなるのと同じ〜??














276回の閲覧